【戻る】
ジャンク無線LANカードを試してみよう
パソコン本体 TOSHIBA DynaBook Satellite1870 (SA180P/4)
もらい物ジャンクな無線LANカード intel PRO/Wireless LAN 2100 3A(IEEE802.11b)
いまいちまだ無線LANについて理解が進んでいませんが、とりあえずもらった無線LANカードを使ってみたいという欲求に駆られ、実験してみました。
結局のところ、カードだけではろくすっぽ電波を捕まえることができず、システムを汚しただけに終わってしまいました。
玄人志向の802.11g-MPCIなら行けそうですがちょっと高めなのが難点ですね。モバイル機以外に無線LAN入れてもメリット感じないし(^^;;
最近じゃ安定しているしレスポンスも良いのでG5ととんとんか、それ以上に出番の多いSatellite1870。
関係ないですが、先日デジカメを新調して500万画素になりました。これからは細部の写真も見やすくなると思います。
ちなみに先日まではケータイ電話(V601SH、200万画素)で撮影していました(^^;;;
これがもらいもののminiPCIカード。
最初型番見ても良くわからなくて、かなりgoogle検索しました(^^;;;
いわゆるintel Pro Wireless LAN 2100 A3というやつでした。
世代的には1世代前の802.11bのみ対応のカードです。
intelのサイトでドライバやPROSetなどのユーティリティがダウンロードできます。
早速裏返してminiPCIのスロットを露出させます。
西川電子部品で買ったアンテナ線(と思い込んでいた)をセットしたところ。
実はこれ、アンテナminiPCIカードをつなぐ同軸ケーブルで、これだけでは本当はだめだそうです。
アンテナ部に関しては、自作すればよいみたいですが、そうすると電波法に抵触するみたいです…
玄人志向の802.11G-MPCIを買えば、アンテナも同軸ケーブルも付属し、さらに認定を受けた製品らしいので安全かもしれません。
実勢価格は\6,000〜\7,000といったところでしょうか。
はい、とりあえず突っ込んでみました。
アンテナ線(と思っていた同軸ケーブル)を適当に押し込んで、とりあえず起動してみました。
最初はカードの銘柄が良く理解できなくて無駄な検索を色々かけ、やっとドライバなどを見つけてインストール。
デバイスマネージャでは認識OK。
さて、ネットワーク設定を……って、動作しません(汗
キャプチャとか撮り忘れましたが、「デバイスの接続が完了していません」みたいなメッセージが出て、どこをどういじっても無線LANカードが動作しないんです。
設定以前の問題ですからどうしようもありません。
そんなことをしていたらウチの掲示板やよその掲示板でも「miniPCIカードを使えるようにするスイッチがある」との情報をいただきました。
と言うわけで、miniPCIスロットのそばのカバーをあちこち空けてみました。
それらしきスイッチを発見。
光学ドライブの下にある、赤外線窓の脇のボリュームダイアルのカバーを外したところです。
赤丸の中にあるのがスイッチのようです。
と言うわけで、スイッチを入れて再び起動。
おぉぉ!ちゃんと動作したぞ!
おぉぉぉ!やっぱりアンテナが無いから全然つながらないぞ!(爆死)
え〜、私の部屋は半径1m以内にBUFFALOのAIRSTATIONがあります。普通にPCMCIAアダプタや先日のLet'sNote CF-R1は100%が出ます。
しかしアンテナが無い上にカードは底面。
つながったのもつかの間、無線ルータをロストしました(爆)
このままぢゃ使い物にならないですね〜(^^;;;
所感
最近ショップでちらほら見かけるバルクのminiPCI無線LANカード。価格もこなれて\2,000も出せばb/g両対応のものが買えますね。
CF-R1に入れ替えたカードも、intel純正のバルク品(ドライバ付)でしたが、アンテナの入っていない機種に入れる場合はそれなりの覚悟が必要ですね…というか、アンテナの自作もしくは代用品の入手などが必要になり、そうすると電波法に引っかかってしまうみたいです(詳しくないので伝聞ですが)。
なので、安くb/g対応のカードが売られていても、b規格しか対応していないカードのリプレース用としてしかほとんど価値がないのが実情でしょうね。
私は明日にでも玄人志向のカードを買っちゃいそうです。
あ、でもSatelliteに無線LANって、運用上はメリット全く無いですね、私の場合…。それにPCMCIAの54gカードもあるからなおさら不要かも^^;;
でも玄人志向のカード、入れてみたいなぁ……(世間ではこれを無駄遣いと言いますね^^;;;;)
2005.02.18
改造はあくまで自己責任で行なって下さい。
このページの記事を読んで改造を行なって、不具合が出たり壊れても一切責任は持ちません。
改造をするとメーカーからの保証は受けられなくなりますのでご注意下さい。
各種改造などに関する内容は、メーカーに問い合わせないで下さい。
【戻る】