神奈川県に影響があると予想される地震

地震の名称 震源域 地震発生のメカニズム 予想されるマグニチュード 発生の切迫性
東海地震 駿河
トラフ
駿河トラフ沿いのフィリピン海プレートの沈み込みにより、プレート境界面が破壊され地震が発生する。 M 8.0 駿河トラフに沿う地域では、90〜150年の間隔で巨大地震が発生している。安政東海地震(1854年)以来140年以上経過し、フィリピン海プレートの沈み込みに伴う歪みは開放されていないままとなっている為、「いつ起きても不思議でない」とされている。
相模トラフ沿いの地震(南関東地震) 相模
トラフ
相模トラフ沿いのフィリピン海プレートの沈み込みにより、プレート境界面が破壊され地震が発生する。 M 7.9 相模トラフに沿う地域では、過去に元禄地震(1703年)、関東大地震(1923年)などM8級の非常に大きな地震が発生している。相模湾周辺の測地測量の結果からみても歪みの蓄積は関東大地震規模の地震を発生させる程度には進行しておらず、「発生の可能性は切迫していない」「しかし、今後100〜200年先には関東大地震級の大地震が発生する可能性は高い」とされている。
南関東地震直下の地震(首都圏直下型地震) 南関東
地域
地殻内の活断層の活動のため発生するものと、プレート境界面近くで発生するものとが考えられている。 M 7級 南関東地域は大陸プレート、フィリピン海プレート、太平洋プレートが互いに接し、複雑な応力集中が生じている為、「ある程度の切迫性を有している」とされ、今後10〜30年先に発生する可能性が高いとされている。また、「プレート境界面近くで発生する直下の地震の再来期間は比較的短い為、次の相模トラフ沿いの大きな地震が発生するまでの間、数回発生する」とされている。
神奈川県西部地震(小田原地震) 神奈川
県西部
地殻内の活断層の活動のため発生するものと、プレート境界面近くで発生するものとが考えられている。 M 7級 南関東地域の地震の切迫性の検討の中で、「相模湾の地震活動及び伊豆半島東方沖の群発地震の活動状況から見て、M7級の地震発生の切迫性を指摘する意見がある。」とされている。
石橋説→1998.4±3.1年
笠原説→1990年代
いずれにしろ、1990年代の可能性が大きいとされている。
房総半島沖の地震 房総
半島沖
メカニズムは明らかになっていない。 M 8級 「観測資料が不足であるが、発生の可能性について考慮しておく必要がある」とされ、現時点では切迫性を判断できないが注意が必要とされている。

<引用参考資料>
地震のはなし・平成6年12月・神奈川県 発行


Back
『地震の話』 に戻る

© Copyright Kazuhiro Okazaki 1998