うんちく(戯れ言^^;) 

・デジカメな話し

ご存じ Digital Camera の略称。
フィルムに画像を焼き付ける代わりに、CCDを通してデジタル化した画像情報をフラッシュメモリ等に記憶させる機械。
普通の銀塩カメラは、撮ったフィルムを写真屋に持って行って現像してもらわなければならないが、デジカメなら直接パソコンに取り込めるので、私のようにパソコンに取り込むのがメインなめんどくさがり屋 には非常に便利な代物。(^_^;

最近のデジカメ・ブームによって、種類もかなり増えてきた。
画素数が35万画素クラスの物が、一般向けとして一番種類が多い
また最近では、130万画素とか160万画素と言った100万画素オーバーの高解像度モデルも一般向けとして増えてきている。

しかし、銀塩カメラの画素数が1000万画素以上と言われており、プロ用の超高級機種でも600万画素クラスまでしかな現状ではもちろん、それ以上のも存在するが、画質の点ではかなり追い付いて来たとは言え、今暫くは銀塩カメラには太刀打ちできないでしょう。(^_^;
それに、操作性の点でもまだまだ煩雑な物が多く、これからと言ったところだろうか?
特に、ほとんどの機種がフラッシュメモリと言う書き込みに時間の掛かるメディアを使用しているため、連写が利かないのが非常に辛いところ。
この為、静止物なら良いが被写体が動き回っていると、折角シャッターチャンスが来てもつい逃してしまうことが多くなってしまうのが悲しい。(T-T) ウルウル
まぁ、この辺のことは、35万画素クラスの機種では大分改善されてきたが、100万画素オーバーのいわゆるメガピクセル機では、まだまだ辛い物がありますね。
まぁ、そうは言ってもデジカメの最大の利点である 「画像データの取り回しの良さ」 を活かしていけば、非常に使えるツールであることに変わりはない。
また、ホームページ用の素材集め用には最適でしょう。(^_^)

・D.I.Jの愛機紹介

ご存じ、今日のデジカメブームを築き上げた張本人的存在。
画素数が25万画素クラスと今となっては悲しいが、操作性はピカ一と言って良いだろう。
最新機種でも変わらぬ操作体系を受け継いでいることが、その証拠。
また、露出補正がフルマニュアルな為、フラッシュがついていないにも関わらず、暗い場所での撮影にも以外と強かったりする。(^_^)v
因みに私は、画像データの取り込み用にSUPER KiD95を使っているのだが、これはカシオ純正の「パソコン接続キット」よりもかなり良いかもしれない。(^_^;
「SUPER KiD95」は、取り込み時にガンマ補正の有無を設定できる為、画像データを綺麗に取り込むことが出来る。(因みに、ガンマ補正をしない設定にするとGoodです。(^^;)

日本では余りヒットしなかったが、ヨーロッパでは絶大な評価を受けた機種らしい(^^;
「コダックのDC50の白いヤツ」と言えば分かってもらえるだろうか?(^_^;
(因みに、チノンはコダックのOEM供給元でもある)
画素数41万画素!、PCMCIA 仕様のメモリーカードに対応!、そして3倍パワーズーム搭載!!と、当時としては最先端を突っ走っていた機種でもある。
また画質も素晴らしく、QV-10の画像を見慣れていた私には、衝撃的ですら有った。(^_^)
しかし、露出補正やシャッタースピードの調整がマニュアルで出来なかった為、逆境に...ではなくって、(^^;逆光に弱いと言う一面も有る。

現在私がメインで使っている機種。
DC50の発展型であり、前機種での問題点(デカイ!液晶ディスプレイが付いていない!等)を有る程度克服している。(^_^;;
だが、なんと言ってもこの機種の最大の売りは、120万画素相当の解像度であろう。
実際には89万画素の長方形型CCDを使用しているのだが、縦横のアスペクト比を補正することによって 約120万画素(1280*960ドット!)と言う高解像度を実現している。
しかし、アスペクト比の補正という手段を取っている関係上、どうしてもピンアマな感じになってしまい。また、同じ理由から画質がざらついた感じになってしまっている。特に遠景を撮影するとこの傾向が強くなるようですねぇ〜。(^_^;
ただし、高画質モードで撮影した画像をパソコンに取り込んだ後、640*480に縮小することによって、有る程度ごまかすことは可能。(^_^ゞ
あと、露出補正やシャッタースピードの調整がかなり細かくできる為、デジカメでは珍しく夜景の撮影に非常に強かったりする。(^^)/
ただし、露出設定などの操作性が非常に悪く、これには閉口させられた。
せめてプログラム機能でも有れば良かったんですが、 この辺はメーカーに熟考してもらいたいです。

QV-10の後継機。
流石に画素数が25万画素では物足りなくなったので、思わず衝動買いしてしまった....(^^;
これの良いところは、コンパクトフラッシュディスク(CFディスク)が使えるって事でしょうか。
つまり、CFディスクを何枚も用意すれば、枚数を気にせずに写真を撮れるって事。
画素数が35万画素で有るため、15MBのCFディスクが1枚有れば、ノーマルモードで200枚以上撮れ、ファインモードでも100枚以上撮れる
これだけ撮れれば、林家ぺー撮りをやっても、余裕を持って撮影できるでしょう。(^^)
また、PCに画像を吸い上げなくても、カメラ単体で画像の色調を変えたりプリクラみたいにフレームを付けたりと色々遊べるってのも良いですね
ただ、一つ気になるのは、QV-10に比べ図体が大きくなったって事でしょうか....(^^;
CFディスクを使えるようにした為とは言え、もうチョット小さくならなかったんでしょうかねぇ〜・・・・^^;

前のPageへ HomePageへ 次のPageへ

1998/08/29 SAT. Written by D.I.J. Uses Shift-JIS encoding!